事業概要

自然災害による被災者のための被災者生活再建支援制度

被災者生活再建支援制度とは

 本制度は、平成10年5月に成立した被災者生活再建支援法に基づき、自然災害により居住する住宅が全壊するなど生活基盤に著しい被害を受けた世帯(「被災世帯」)に被災者生活再建支援金(「支援金」)を支給し、生活の再建を支援するものです。
 平成19年11月の支援法の改正により、これまでの複雑な支援金の申請手続きが大幅に改善され、住宅の被害程度と再建方法に応じて定額渡し切り方式となった支援金は、使い途の制限もなくなり、被災者にとって大変利用しやすい制度になりました。
 支援金は、「基礎支援金」として全壊世帯に100万円、大規模半壊世帯に50万円が支給され、この額に、「加算支援金」として住宅を建設・購入する場合は200万円、補修する場合は100万円、賃借する場合は50万円がそれぞれ加算される仕組み(金額はいずれも世帯人数が複数の場合、単数世帯は各3/4相当の金額)となっております。
 被災者の皆様におかれましては、被災者生活再建支援制度を十分に活用されて、一日も早い生活の再建を実現されますことを祈念申し上げます。

制度の対象となる自然災害

 暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火などの自然現象によって住宅に被害があった場合を対象にしています。
 ただし、この制度が適用になるかどうかについては、都道府県からのお知らせ(公示)を参照してください。

制度の対象となる被災世帯

上記の災害により

  • ① 住宅が全壊した世帯(全壊世帯)
  • ② 住宅が半壊または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯(解体世帯)
  • ③ 災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯(長期避難世帯)
  • ④ 住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)
データはありません。

都道府県会館について

■所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-6-3

各階案内

交通のご案内

■東京メトロ有楽町線・半蔵門線
 ・永田町駅:5番出口より
  地下連絡通路を経て徒歩約1分
■東京メトロ南北線
 ・永田町駅:9番b出口より
  地下連絡通路を経て徒歩約1分(地下1階出入口)
■東京メトロ丸の内線・銀座線
 ・赤坂見附駅:D番出口より青山通り
  (国道246号)を上がり徒歩約5分(1階出入口)

googleMapGoogle Mapで見る